沖縄の太陽光発電・蓄電池・オール電化ならトーラス株式会社

SOLAR 太陽光発電のメリット

MERIT SOLAR 上手にエネルギーを生産し、また光熱費を抑えるといった経済的なメリットを受けることができます。

オール電化にした電気代の推移

光熱費を大幅ダウン!!

太陽光発電は、資源が枯渇せず繰り返し使え、CO2等の大気汚染物質をほとんど排出しない優れたエネルギーで、光熱費をグーンと節約可能。
しかも太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。

余った電力を売ることができる

昼間に発電され、自宅で消費して残った電力は蓄電池を持っていない限り、貯めておくことができないので、自宅につながっている送電線から電力会社に対して逆に電気を送り、買い取ってもらうことになります。これを「売電」といいます。太陽光発電で余った分を電力会社へ売電するため、電気代の節約と家計のプラスにすることができます。

太陽光発電で余った電気は売れます
太陽光発電買取価格

固定価格買取制度

平成24年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が始まっています。
この制度は、再生可能エネルギーによる電気の買い取りを電力会社に義務づけるなど社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させるものです。
一般家庭向けの10kW未満システムでは、太陽光発電システム運転開始から10年間は、国が定めた価格で余った電気を売ることができます。 

遮熱効果・節電意識向上

沖縄の夏の日差しは強烈です。太陽光パネルを屋根に載せることで、パネルによる遮熱の効果があり、暑さが和らぎます。

また、クリーンエネルギーである太陽光での自家発電は、電力を効率よく使うことを考えさせられるので、生活する人たちの節電意識を向上させるとともに、環境教育にも活かされています。

節電意識向上
太陽光発電非常用コンセント

非常用コンセントに

2018年9月に起こった北海道胆振東部での大地震で北海道全域が停電(ブラックアウト)しました。また、2019年9月の台風15号による被害で千葉県を中心とした首都圏の約68万戸にもおよぶ大停電の被害がありました。
いずれも太陽光発電が設置されている家庭では、非常用のコンセントとして太陽光発電が活用されて、自家発電のある安心さ・便利さに注目が集まりました。
※夜にも使いたい、色々な家電を使いたい、といった場合には、蓄電システムが必要です。