沖縄の太陽光発電・蓄電池・オール電化ならトーラス株式会社

2021年1月6日

脱炭素の主役 世界競う

脱炭素の主役 世界競う
 
日本経済新聞:脱炭素の主役 世界競う

 

記事内にも記載されていますが、日本市場の太陽光パネルのメーカー占有率も大きく様変わりしました。
 
●2013年 国内製品が7割
●2019年 海外製品が6割
 
太陽光パネルに関してはちょっと残念な気もしますが、今では値段だけではなく性能も海外メーカーの方が良くなっているのが現状です。
 
世界的に脱炭素の流れは加速されています。
それでもこのままでは、世界の気温上昇は、2030~2050年には1.5℃上昇(産業革命後と比較)し、
相次ぐ熱波や洪水、山火事などの地球の異変が続くと予見されています。
 
日本も他国に負けないよう、持ち前の技術力の高さで「脱炭素の主役国家」になっていけるといいですね。
トーラスも地元沖縄で脱炭素社会構築の一翼を担えるように尽力してまいります。