沖縄の太陽光発電・蓄電池・オール電化ならトーラス株式会社

2020年9月10日

オール電化を実際に使って良かった点BEST4

「オール電化」とは、キッチンをIH調理器に、給湯設備をエコキュートに変えることで、温室効果ガスの排出量が多いガスや灯油から、省エネの電気に変える事です。

「でも料理はガスじゃないと」
「停電の時困るんじゃない?」

 

なんて、声も多いかもしれませんが、沖縄電力さんのアンケート調査による、実際にオール電化を導入している方の声を確認してみました。

 

94%のお客様が満足

満足かどうかの調査の結果は以下の通りです。

・とても満足・・・・・・51.2%
・やや満足 ・・・・・・42.9%
・どちらともいえない・・5%
・やや不満・・・・・・・0.4%
・とても不満・・・・・・0.5%

94%以上のお客様が満足であるということで、ほとんどのお客様が満足感を感じているとのことです。

 

実際にオール電化を導入して良かった点

実際にオール電化を導入して良かった点(複数回答)としては、特に以下の4点に票が集まりました。

 

・火がないので安心・・・・・86%
・キッチンが汚れにくい・・・66%
・光熱費が安くなった・・・・65%
・キッチンが暑くならない・・50%

IHクッキングヒーター
ここで面白いのが、もともとオール電化を導入するキッカケは、「光熱費が安くなりそうだから」という意見が多いそうです。
でも実際に使ってみると、経済的なメリットよりも、「安心感」や「清潔感」などの生活上のメリットの方がクローズアップされたという事です。

やっぱり毎日使うものですから、生活上のメリットが高いものがうれしいですよね。

 

他にも、
・燃料(灯油・ガス)の臭いが気にならない・・34%
・燃料補給の手間が減った・・・・・・・・・・22%
・火力が強い(熱効率が良い)・・・・・・・・20%

等の意見もあります。
 
ちなみにオール電化のご家庭では、停電時のためにカセットコンロを準備されているそうです。
また、エコキュートはお湯を長時間貯めておくことができるので、停電しても貯水タンクにお湯が残っていれば使えるし、災害時の貯水タンクの代わりにもなるとのこと。

意外に、ガスの給湯機は点火に電気を使っている機器も多く、停電時は使えなくなるという盲点もあるそうなので、エコキュートは停電時にも活用できるメリットを改めて感じました。

 

太陽光と組み合わせれば、さらにメリット倍増

オール電化のメリットは、オトクな料金プランの「Eeプラン」に変更できること。
夜の電気料金は通常の60%OFFの格安電気料金です。
エコキュートは夜の間にお湯を沸かせて、保温状態で貯めることができるので、給湯コストが格安になります。

Eeプランの難点としては、昼間の電気が少々高めなところ。
でも太陽光発電と組み合わせれば、その昼間の電気もゼロ円になります。
トーラスでは、相性の良い太陽光発電とオール電化の組み合わせもおススメしておりますので、関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 
家庭用エコキュート
IHクッキングヒーター