沖縄の太陽光発電・蓄電池・オール電化ならトーラス株式会社

初めての太陽光・蓄電池Q&A

よくある質問 │ 太陽光発電

太陽光発電って太陽光で温水をつくるものでしょ?

太陽熱温水器とは違います

太陽熱温水器
太陽熱温水器の例
太陽光発電は、装置を屋根に乗せる点で太陽熱温水器と似ていますが、太陽の光で電気をつくれる装置です。
つくった電気を自宅で使うことによる節電メリットはもちろん、余った電気を電力会社に売れるなどのメリットがあります。
また、停電時でも太陽の光があれば、自家発電(使えるのは1.5kWまで)ができます。
自宅が発電所になるって本当ですか?

はい、本当です

太陽光発電システムを導入、電力会社と契約し、国に認定されることで、あなたのお家が発電所と認定されます。既に沖縄県内で約30,000件が認定されています。
太陽光発電設備で発電した電気をご家庭でまかない、余った電気を電力会社に買い取ってもらうことができます。
曇りだと電気が使えなくなりますか?

いいえ、使えます

曇りの場合でも発電はします。ただし、光の量が減るので、その分発電量は減ります。
太陽光からの発電量が少ない場合は、自動的に電力会社からの電気を使うことになるので、生活に支障はございません。
電気は売れなくなるんでしょ?

導入から10年間は固定価格で売れます

一部の報道の不適切な表現で勘違いされている方も多いようですが、家庭用(10kW未満)の太陽光発電で発電した電気の余った分(余剰売電)は、国の法律によって定められた固定価格買取制度(FIT制度)によって、認定を受けてから10年間は電力会社に買い取ってもらえます。
2019年に導入すれば、2029年まで固定価格で売電できます。
さらに、10年間のFIT制度が満了した後でも、買取価格は下がりますが、引き続き売電ができます。(沖縄電力では7.5円/kWh)。
※全量売電に関しては、2020年度に新制度への移行が検討されています。

資源エネルギー庁│ 固定価格買取制度

余剰売電と全量売電の違いって?

主に住宅用と産業用の違いになります

再エネ買取制度の違い
売電制度の違い
太陽光発電による売電は、固定価格買取制度により、設置されたソーラーパネルの総出力によって電力会社が買い取る方式が『余剰買取制』『全量買取制』の2種類に分かれます。

総出力が10kW未満であれば、『余剰買取制』が適用され、一般的な個人宅の住居用太陽光発電が当てはまります。発電した電力から、自分の家で使った電力を引いて、余った分を売ることができます。
総出力が10kW以上であれば、『全量買取制』を選ぶことができます。
通常、設置面積の広いメガソーラーや工場、学校などが対象になります。広い設置面積のお持ちの個人の方も可能になります。
『全量買取制』は発電した全ての電力を売ることになります。
買取期間も20年と長いので有利に見えますが、買取価格は低く、導入時の補助金が使えなかったり税金が高くなるなどのデメリットもあります。
10kW以上でも、自家消費をメインにした『余剰買取制』を選ぶこともできます。

弊社はお客様のメリットを最大限に引き出す独自のノウハウを持っておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。
相場はどれくらいなの?

頭金、自己資金実質ゼロでの導入が可能です

太陽光発電システムの相場は、メーカーにより差がありますが、1kWあたり24万円~35万円程度です。
住宅用太陽光発電で5kWのシステムと仮定すると、120万円~175万円程度となり、ここに工事費が伴います。

しかしながら、日当たりが良く設置面積が広ければ、その分発電力が大きくなるので節電メリットや売電利益が多くなります。
そのため条件が整えば、設備費用が賄えてしまうので、実質自己資本ゼロでの導入も可能となります。

さらにこの先上がり続けると予測される光熱費を払い続けることや、地球温暖化の予防となる低炭素発電などの環境メリットを考えると、とてもオトクなシステムと言えるのではないでしょうか?

設置環境によるオーダーメイドとなりますので、詳しくは弊社にお問い合わせの上、無料お見積もりにてお確かめくださいませ。

※ 出展:平成30年2月調達価格等算定委員会配布資料 経済産業省より

設置したらすぐ売電できるの?

通常売電開始まで3~4か月程度掛かります

売電が伴う太陽光発電システムは、各システムごとに発電事業者とみなされ、沖縄電力への申込申請を経て、さらに経済産業省の事業認定認可が必要となります。
そのため、最短でも3~4か月程度掛かってしまいます。
数年前の混みあっていた時期には、認定が下りるまで半年以上掛かったケースもありました。

弊社といたしましてもなるべく早く認可が下りるように手続きをしておりますが、皆様同様に経済産業省からの返事をお待ちいただく形となりますので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

資源エネルギー庁 │発電設備を設置するまでの流れ
屋根が傷ついて雨漏りするのでは?

問題ございません

ご心配になるお気持ちも分かりますが、当然対策も進んでおります。
ケミカルアンカーという施工技術で、屋根への負担は最小限にしながら、雨漏りも防ぎ、かつ強風にも負けない丈夫な施工を行っております。
万一の施工時のミスに伴う補償もございます。
今までの約1,000件の施工の中で、雨漏り被害報告は1件もありませんのでご安心下さい。
また、屋根に太陽光パネルを乗せることで、夏場の太陽の強い熱を防いで、室内が涼しくなるというメリットもございます。
周囲に迷惑を掛けるんじゃない?

住宅用でそのような話は聞きません

報道にて、本土の大規模なメガソーラーで山を切り開いて作ったり、手抜き施工でパネルが飛んだりといった被害報道がなされたこともありますが、ほんの一部の問題例と言えます。
弊社が主に扱っている住宅用では、沖縄の強い台風に耐える、強度の高い施工ですし、雨漏りもございません。さらに反射光で問題となる北向きに設置することはありませんので、近隣のご家庭にも迷惑を掛けることもありません。

太陽光発電は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素も発生しないクリーンなエネルギーなので、環境にも優しいシステムです。
再エネ賦課金って何?

電気代の一部として毎月徴収されています

「太陽光発電はよく分からない」、「面倒くさい」、「高いから無理でしょ」、などと最初から関心を示さない方も多いかと思います。
しかしながら、国の政策で、太陽光発電を設置していない方に対しても、負担金が課されているのが現状です。
毎月の電気代の明細を見てみると、『再エネ賦課金』という項目がありますが、これは全国民が再エネ普及促進のために負担している金額で、年々増加しています。

太陽光発電を設置することで、発電した電力の自家消費することになり、再エネ賦課金を減らすことが出来ます。
さらに、余剰電力を売る(売電)ことにより、大きなメリットがあるので、太陽光パネルが置ける広い屋根や土地がある場合は、設置したほうがメリットに変えることができるのです。
再エネ賦課金
再エネ賦課金の例

よくある質問 │ オール電化

「オール電化」ってなに?

「IH調理器」と「電気温水器エコキュート」の2つを使用することです

「オール電化」とは、熱源を全て電気でまかなうことを言います。熱源とは、「調理」「給湯」「暖房」のための設備が挙げられますが、このうち沖縄では「暖房」は対象外となるため、「調理」と「給湯」の2つの設備が対象となります。

昔から一般的に使われているガスコンロや、ガスや灯油を使った給湯器(湯沸かし器)を、環境にやさしくエネルギー効率の良いIH電気調理器(IHクッキングヒーター)電気給湯器「エコキュート」に替えることで、【オール電化】となります。

次世代給湯器エコキュート
次世代給湯器エコキュート
IH調理器
IH電気調理器

よくある質問 │ 蓄電池

停電時にどれくらい使えるの?

蓄電容量によります

停電の使用量と蓄電されている容量によりますが、容量が5kWh程度の小規模なものでは、一般的な家庭の消費電力の半日分、容量が10kwh程度の大容量のもので、一般的な家庭の消費電力の丸一日分程度となります。
停電時は節約しながら使うことになるかと思いますので、実質はもっと長時間使えることになります。

さらに、太陽光発電システムと連系しているので昼間に晴れていれば充電ができますので、エネルギーを効率的に活用できます。
蓄電池の寿命はどれくらい?

10年以上使えます

設置環境と使われ方にもよりますが、寿命の短い鉛蓄電池とは違い、現在主流の太陽光発電システムとの連系で使用される家庭用リチウムイオン蓄電システムでは、10年間の動作保証がついております。
無理な使い方をしなければ、10年以上使えるということです。
工期時間はどれくらい?

工事期間は約1~2日となります。

蓄電システムの種類により、屋外設置、屋内設置とございます。
屋外設置の場合、現場調査や基礎工事などが伴います。
屋外設置であっても室内にモニターの設置のための屋内作業も伴いますので予めご了承ください。