太陽光発電・蓄電池・夢ハウスならトーラス株式会社

SOLAR RESIDENCE 太陽光発電とオール電化をうまく組み合わせることで、光熱費を大幅に抑え家計に優しいエネルギーを使うことができます

オール電化と太陽光の相性

オール電化とは、料理や給湯など家庭内のエネルギーを全て電気でまかなうようにすることです。
そのため、ガスや灯油といった熱源が電気に変わり、毎月支払う光熱費は電気代のみとなります。
また、電力会社のお得な電気料金メニューやオール電化割引などを活用することができ、深夜のお得な料金が全ての電気製品に適用されます。
そのため、ガスを使うよりも光熱費を削減できるというワケです。
さらにオール電化住宅に太陽光発電を導入すると、昼間の割高な料金を払う必要が無くなり、年間光熱費をより一層削減できて、とってもオトクです!
太陽光発電とオール電化のうまい組み合わせで、光熱費を大幅に抑え家計に優しいエネルギーを使うことができるのです。

Eeらいふプラン

スマートハウス

創エネ、蓄エネ、省エネの時代が幕開けし、現在、注目を集めているのがHEMS【ヘムス】(Home Energy Management System の略)です。
HEMSは家庭で使うエネルギーを節約、管理するシステムで、電気やガスの使用量をモニターで「見える化」し、家電機器の自動制御を行うことが出来ます。
このように、IT(情報技術)を使って、家電や設備機器を制御することのできる住宅をスマートハウスと呼びます。
HEMSのほかにも、商業用ビル向けのBEMS(ベムス)、工場向けFEMS(フェムス)、これらを含んだ地域をCEMS(セムス)といいます。
太陽光などの自然エネルギーを電力に変え、その電力を住宅内で効率的に使用するために、今後、スマートハウスは不可欠なものになると考えられます。

スマートハウスの構造