太陽光発電・蓄電池・夢ハウスならトーラス株式会社

2016年8月26日

さんご畑×TORUS

サンゴ畑を経営する金城浩二さんの取り組み
151103_04
968e5380793819d6f05bd43bd73a7ff51ab04225
世界に例のないサンゴの養殖と移植。
試行錯誤しながら、たくさんの問題を少しずつ乗り越え、
金城さんはサンゴの養殖と移植に成功します。
サンゴの移植を思いついてから約5年、水槽の中で
育てたサンゴを初めて海に移植したのは、2003年だそうです。
様々なサンゴを植え付ける方法や、仕組みを考え
永続的に「サンゴ礁を次の世代へ」を合言葉に養殖サンゴを植え続けています。
980d296b8dcd9547168e35e267b05d37e1b544ce
珊瑚礁は、台風時の波・高潮から海岸を守るだけでなく、
数多くの生物たちの生態系を維持する役割を果たしています。
地球温暖化の影響で水温が上昇し、サンゴが白化現象を起こしたり、
オニヒトデに食べられてしまったり、沿岸地域の開発で
赤土が流出したりと・・・大変な危機にさらされています。

サンゴ礁を守り10年後、20年後もキレイな海を残していきたいですね(*^_^*)

トーラス株式会社サンゴ

取組みに賛同している弊社では、そのサンゴ移植を1本3,500円で「さんご畑」へ依頼しており
申し込み後、海への移植が完了したら海中で写真を撮り、移植した場所の緯度と経度、日付つきで
「海からの感謝状」が届きます。
間接的にでも海の森を広げることに貢献できるこの仕組みを、
トーラスのお客様へプレゼントしたいと考えております。